• ホーム
  • ラミクタールは妊娠に影響するのか

ラミクタールは妊娠に影響するのか

2019年11月28日
息が苦しい女性

一般的な抗てんかん薬は、妊娠している女性が服用していると催奇形性のある薬が多く、奇形の子供が生まれるリスクが高くなります。
だからといっててんかん持ちの人が薬を服用する事を止めたらいつ発作が起きるか分からず、発作が起きる事によって胎児に悪影響を与える可能性もあります。
そのために、てんかん持ちの人は子供を持つ事を諦めた方が良い、などという意見もありました。
しかし、上手く調整する事によって抗てんかん薬を服用している人でも、妊娠した時の子供の催奇形率を薬を服用していない人と同程度にまで抑える事も可能です。
そのためには多剤投与している場合はなるべく利用する薬の種類や量を減らすなどといった調整などを行う必要があり、医師と相談した上で上手く調整して妊娠する事が大切となっています。
また、抗てんかん薬によっても奇形リスクの割合は変わってきます。
それでは抗てんかん薬の一つであるラミクタールは妊娠にどのように影響を与えるのかというと、単剤投与の場合はデータからでは薬を服用していない人と比べてほとんど差が見られなかったという報告があります。
他の薬との併用療法では催奇形率が上昇している結果がありますが、ラミクタールは抗てんかん薬の中でも比較的新しい薬であり、比較的副作用も少ない傾向があります。
ただ、こうした情報は出来る限り最新の情報を入手する事が大切です。
ラミクタールは抗てんかん薬の中では子供に与える影響は少ないようですが、抗てんかん薬を服用していて子供を作りたい女性の方は、勝手に自分で判断するのではなく医師に相談する事が大切である事には変わりないです。
てんかん持ちの人が妊娠して出産をするのは健康な女性の方よりも大変ですが、上手く調整すれば子供を作る事を諦める必要はないです。

関連記事
犬がてんかん発作を起こした場合にもラミクタール

大脳の神経細胞、ニューロンは規則正しいリズムで、お互いに調和しながら活動しています。しかし、突然、何の前触れもなしにこの活動に不調が発生する場合があります。いわばニューロンの過剰反射とも言える状態で、その結果としてあらわれるのがてんかんです。簡単に言うと神経細胞が暴走してしまっている状態のため、てん...

2019年10月24日
ラミクタール摂取による奇形児出産のリスク

薬の副作用の中には催奇形性と呼ばれるものがあり、妊娠中の女性が薬物を服用した時に、胎児に奇形が起こってしまう危険性の事を意味します。特に妊娠4週から12週末あたりは、中枢神経をはじめ、心臓や手足、目や鼻などの人体の主要な器官が形成される時期のため、胎児の体に影響を及ぼす成分の含まれた薬を服用すると、...

2019年10月05日
ラミクタールの皮膚障害での死亡事故の例

ラミクタールとは、脳神経の興奮を抑える効果がある薬で、てんかん発作の予防や双極性障害の気分の浮き沈みを抑える効ために用いられます。てんかん発作に対しては、部分発作をはじめ様々なタイプのてんかんに有効なのが特徴です。ラミクタールではまれに重篤な副作用が生じる可能性があり、特に皮膚障害の兆候が現れた際は...

2019年09月20日