• ホーム
  • 犬がてんかん発作を起こした場合にもラミクタール

犬がてんかん発作を起こした場合にもラミクタール

2019年10月24日
薬を飲む女性

大脳の神経細胞、ニューロンは規則正しいリズムで、お互いに調和しながら活動しています。
しかし、突然、何の前触れもなしにこの活動に不調が発生する場合があります。
いわばニューロンの過剰反射とも言える状態で、その結果としてあらわれるのがてんかんです。
簡単に言うと神経細胞が暴走してしまっている状態のため、てんかんが起こると、その本人は突然、意識を失ってしまったり、全身が激しく痙攣したりします。
また全身の力が抜けてしまって、意識はあるのに立つことができなくなったり、舌なめずりや手を揉むなどの動作が勝手に出ると言った症状もあり、症状の出方は人によって異なります。
ただしてんかんは、治療できないものではありません。
たとえばラミクタールと呼ばれる、うつ病の治療薬としても使用されている薬などを使用することで治療することもできます。
さて、このてんかんは、何も人間だけに起きるものではありません。
ニューロンの作用を受けている生物であればこのてんかんは起こり得る症状であり、中でもてんかんが起こる生物として広く知られているのが犬です。
犬ではおよそ100頭に1頭の割合、0.55%から2.3%の発生率があるとも言われています。
犬のてんかんの原因も人間と同じく、いわばニューロンの暴走です。
そして症状も人間と似た部分があり、全身が痙攣する、あるいは瞼は開いているのに視点が定まっていない、ぐったりとして動かない、反応を示さないなどを挙げることができます。
犬のてんかんを治療する場合も、薬が使用されます。
ラミクタールも使用される場合もありますが、副作用の危険が全くないとは言えないため、その判断は医師に任せられています。
一般的には、ラミクタールよりもフェノバルビタールや臭化カリが使用されることが多く、それでも改善が見込めない場合は、ゾニサミドが使用されることもあります。

関連記事
ラミクタール摂取による奇形児出産のリスク

薬の副作用の中には催奇形性と呼ばれるものがあり、妊娠中の女性が薬物を服用した時に、胎児に奇形が起こってしまう危険性の事を意味します。特に妊娠4週から12週末あたりは、中枢神経をはじめ、心臓や手足、目や鼻などの人体の主要な器官が形成される時期のため、胎児の体に影響を及ぼす成分の含まれた薬を服用すると、...

2019年10月05日
ラミクタールの皮膚障害での死亡事故の例

ラミクタールとは、脳神経の興奮を抑える効果がある薬で、てんかん発作の予防や双極性障害の気分の浮き沈みを抑える効ために用いられます。てんかん発作に対しては、部分発作をはじめ様々なタイプのてんかんに有効なのが特徴です。ラミクタールではまれに重篤な副作用が生じる可能性があり、特に皮膚障害の兆候が現れた際は...

2019年09月20日